Life

ダイエットで劇的過ぎる成果を出すために知っておきたい10の注意点とは?

ダイエットの注意点10個

「これからダイエットをするけど、既に成果が出ている人から注意点を聞いておきたい!」

「ダイエットで失敗したくないから、重要なポイントを知っておきたい!」

本記事ではこんな意見に答えていきます。

こっさー
こっさー
この記事を書いている僕は、3か月で8キロのダイエットに成功しました。
2か月間のダイエットの結果

途中5か月間くらいはダイエットをしてない時期がありましたが、ダイエットをしていたのは合計約3か月です。

本記事を読んで実践していただくことで、あなたも2週間後には確実に成果が出るようになります!

ダイエットで注意すべき10個のこととは?

ダイエットをするうえで、僕が気を付けたことや、実際にダイエットをやってこれは注意が必要だと思ったことを紹介していきます。

多分この通りに実践していただければ、99%誰でもストレスを最小限に抑えて体重を減らせるはずです!

それでは早速見ていきましょう。

ダイエットの注意点①:朝昼晩3食を毎日ちゃんと食べる

ダイエットは朝昼晩3食ちゃんと食べて下さい。

たまに、朝食を抜いたりする人がいますが、長期的に観たら逆効果です。

こっさー
こっさー
短期的には痩せます。でも、長期的視点で見たとき、すぐに落とした体重というのは、すぐに戻りやすいです。

つまり、リバウンドしやすいんですよね。

なので、3食きっちり食べて、徐々に徐々に体重を落とすようにしましょう。

ダイエットの注意点②:何が何でも間食NG

毎日3食きちんと食べるのですが、基本的にそれ以外は食べませんでした。

具体的にはご覧のようなもの。

  • お菓子
  • 食後のデザート
  • アイス

これらを徹底的にゼロにするだけでもだいぶ効果がでます。

こっさー
こっさー
騙されたと思って実践して下さい!!

ダイエットの注意点③:グッとこらえろ!腹7分目

食事は3食とると述べましたが、一体どうやって体重を減らすのか?

その方法とは、食べる量を減らすのです。

しかし、急激に減らしてもリバウンドしやすいですし、カロリーとか脂質、タンパク質とか初心者が考えるのはめちゃめちゃ面倒じゃいですか?

こっさー
こっさー
僕は面倒でした。

そこで、今までと食べるものは変えないで、食べる量を減らしました。

具体的には腹7分目

これのおかげで劇的な効果を出すことができました。

こっさー
こっさー
こちらに関しては騙されてないと思って実践して下さい!!

僕のダイエットの根幹を支えていたのは、この「腹7分目ダイエット」です。

ダイエットの注意点④:1日の摂取カロリーの把握

カロリーとかタンパク質、脂質とかいろいろな数値を把握するのは面倒です。

しかし、大まかでいいので、自分が一日にどのくらいのカロリーを摂取したのかは知っておくべきです。

なぜカロリーが大事かはこちらの記事でかなり詳しく解説しているので、本気でダイエットを成功させたい方は是非ご覧下さい。

僕のダイエット時の1日の摂取カロリーはだいたい1,400キロカロリー

これでだいたい1日200g、1週間で1キロくらいは痩せることが分かっています。

こっさー
こっさー
自分の1日の摂取カロリーが分かると、体重の増減の原因が分かりやすくなります!

ダイエットの注意点⑤:毎日の体重測定をルーティン化する

ダイエットで最も大事と言っても過言ではないのは「毎日決まった時間に決まった服装で体重を測定すること」です。

体重測定の時間や服装を決めておくことで、もしも体重が増えてしまった場合、何が原因か前日の食事から考えられるからです。

こっさー
こっさー
僕は具体的には、毎日寝起きで朝食を食べる前に測定するようにしていました!

こうすることで、体重の増減があった場合前日のメニューから反省することができます。

もし、現在一人暮らしなどで家に体重計がない人、速攻で買いましょう。

毎日の体重測定があるかないかで、1か月後のあなたの結果は良い意味でも悪い意味でも劇的に変わってしまいます。

本気でダイエットしたいのなら、体重計への投資はあってもいいと僕は思います。

>>Amazonで体重計を見てみる

ダイエットの注意点⑥:20時以降の夕食は控えたい

全員に強制するわけではないですが、夕食の時間には注意が必要です。

特に20時以降。

僕は基本的に18時頃夕食を腹7分目までとり、その後は寝るまで何も食べませんでした。

どうして20時以降に控えたほうがいいのかは、うまく説明できないです。僕の長年?の経験と勘です。ご了承くださいませ。

こっさー
こっさー
でも、夜遅すぎる夕食が健康に悪そうなのは理解いただけるはず!

それに、夜遅すぎると、次の日の朝ご飯が食べられなくなっちゃいますからね。

ダイエットの注意点⑦:とっとと歯磨きする

18時~19時くらいに、腹7分目で済ますと絶対に22時くらいにお腹が減るんです。

そうすると、「ちょっとだけなら食べてもいっか」と負けマインドになってしまいます。

そうならないために、お腹が減ったらとっとと歯磨きしてしまいましょう。

どういうわけか、歯を磨くと食欲が減るからです。

ダイエットの注意点⑧:夜中は空腹になる前に寝る

注意点⑦と関係あるのですが、歯磨きすると一時的に食欲が減るので、そのタイミングで寝てしまうことをおすすめします。

こっさー
こっさー
僕はよくこの作戦を使っていました!

夜の空腹ほどきついものはないので、歯磨きしてとっとと寝てしまいましょう。

ダイエットの注意点⑨:目標を友達に言う

ありがちなところでいくと、目標は友達に公言してしまうのも1つの手です。

僕は、ダイエットの目標をこのブログと友達に言うことである程度達成することができました。

ので、結構おすすめだったりします。

ダイエットの注意点10:停滞したえら爆食い

人間の体は一定に保とうとする性質があるので、腹7分目の生活を2週間くらい続けていると、体がそれになれてきてしまうんです。

つまり食べる量を減らしているのに体重が減らないんです。

頑張って間食なし、腹7分目の生活を続けても、体が「最近ご主人食べてないから腹分目の代謝に合わせか」と勝手に判断して、体全体として腹7分目の体が普通になってしまうんですね。

そうすると、今まで通り腹7分目の食事でも、代謝が減っているので、うまく体重が減らなくなる時期が必ず来ます。

こっさー
こっさー
停滞期ってやつですね!

そこでおすすめはチートデイ

1日だけ、自分が好きなものをなんでも食べまくる日を作るのです。

チートデイで重要なことはこちら。

  • むやみにチートデイにしない。
  • 4日くらい体重が停滞したら、実行。
  • 食べるときはがちで食べまくって、体に代謝が元に戻ったと錯覚させる。

ダイエットの注意点まとめ

ここまでの内容を振り返っていきます。

  1. 毎日3食食べる。
  2. 間食NG。
  3. 食事は腹7分目。
  4. おおまかに摂取カロリー把握。
  5. 毎日体重測定する。
  6. 夜遅すぎる夕食NG。
  7. お腹減ったら歯磨き。
  8. 夜お腹減る前に寝る。
  9. 目標を公言。
  10. 停滞したら爆食い。

あ、それと言い忘れましたが、ダイエット中は筋トレもやっておいたほうがいいです。

ただのガリガリになってしまいますからね。健康的なボディーのほうが良くないですか?

ということで筋トレはこちらの記事を参考にして下さい。

是非本記事の内容を騙されてないと思って実践していただければ、あなたも2週間後には必ず今よりも痩せていますよ!