大学生

1か月で4キロダイエットに成功した大学生が教える。ストレス無く体重を落とすたった1つのこととは?

大学生のダイエット

夏までに痩せたい」「成人式までに痩せたい」といった大学生。

あるいは特に男子で言うとモテたい!

女性で言うとこんなことを思っていませんか?

今の醜い体は私の仮の姿で本当の私じゃない!呪いにかけられているんだわ!

しかし、安心してください。

本記事では、呪い解除とまでは言わないまでも、1か月で4キロ痩せる具体的な方法が分かります。

過度な食事制限もなく、3食満足に食べてストレスなく痩せることができた実体験から述べていくので、本気で痩せたいと思っている大学生だけご覧ください。

大学生の僕が1か月で4キロダイエットに成功した具体的方法とは?

毎日3食しっかり食べたのに、どうやってストレスなく1か月で4キロ痩せることができたのか?

細かい話は抜きにしてざっくり言うと、下記の式を意識しただけ。

摂取カロリー<消費カロリー

こっさー
こっさー
ざっくりしすぎですね。もうちょい深堀りしていきます!

自分のカロリー知ってますか?

ダイエットを成功させるためには、2つのカロリーについて知っていなければいけません。

  • 摂取カロリー:食べ物から体内に取り込むエネルギー
  • 消費カロリー:体内で消費されるエネルギー

摂取カロリーよりも、消費カロリーのほうが多ければ自然と痩せます。

めちゃめちゃ簡単に言うと、食べる量を少なくすれば痩せるということになります。

男子大学生のダイエットにおける1か月に体重推移

僕の場合、元々70キロでした。1か月後、65.5キロまでダイエット成功しました。

ここでポイントなのが、僕の70キロを維持するのに、どれくらい摂取カロリーを必要としていたか?

こっさー
こっさー
僕はだいたい2400キロカロリーです!

そして、摂取カロリーを1700キロカロリーにまで減らすと1か月でだいたい2キロ痩せる計算になります。

こっさー
こっさー
1キロ減らすのには7200キロカロリーで、、、、とかを話始めると、わかりづらくなるので、👇のサイトで計算して下さい!

実際にカロリー計算してみた

英語のサイトですが、僕が実際にやってみようと思います。

ステップ1

年齢・身長・体重・活動レベルを入力

Macro Calculator 手順1

ステップ2

目標を選択。

Macro Calculator 手順2

ステップ3

特に、Food Energyに注目

Macro Calculator 手順3

1週間で0.5キロダイエットしたい場合、僕は1日の摂取カロリーを1,733キロカロリーに設定すればいいということが分かります。

こっさー
こっさー
これであなたも1日にどれだけカロリーを摂取すればいいのかわかったはずですが、正直こんなこと思いませんか?

「毎回食事でカロリー計算して食べるの面倒」

そうなんです。結構面倒なんです。

だから僕はこうしています。

  • 腹7分目で食事は終わらせる
  • 3食以外の間食はNG
  • デザートも基本NG
  • なるべくタンパク質多めに摂取

実はこれで1日だいたい1,500キロカロリーくらいで抑えることに成功できています。

代わりに

  • ゆっくり
  • よく噛んで
  • 1回の食事を最高に味わう
こっさー
こっさー
これができれば、腹7分目だろうが、満腹感を十分に得られ、ストレスもほぼ皆無になります!

【超必見】僕の1日の具体的食事メニュー発表

僕の1日の食事メニュー内容です。大会に出場するボディービルダーではなく、ただの一般大学生なので、食事も割と普通です。

別に栄養とかも気にしてないので、「あー、そんなんだ」程度でOkです。

こっさー
こっさー
あくまで参考程度にして下さいね!

【朝食】

フルグラ

【昼食】

コンビニのサラダ&麺みたいなやつ(今度画像のっけます)

【夕食】

好きな物(母親が作ったもの)を腹7分目まで

こんな感じで過度な食事制限はしていませんし、割と好きに食べています。

【疑問】筋トレはやったほうがいい?

よくある質問として、筋トレはしたほうがいいのかという疑問があります。

結論としては、やるべきです。

ダイエットの目的がただ単純に痩せるだけなら良いですが、そうではないですよね?

痩せたいという理由とセットで、美ボディを目指したいという潜在的な目的があるのではないでしょうか?

つまり、ただのやせ細った体ではなくて

こんな体がいいですよね?

筋肉質の男性と美ボディの水着女性

これが目標ならば、ただ単純に体重だけ減らしても、がりがりになるだけでダイエット失敗に終わってしまいます。

しかし、

筋肉も程よくつけることで、あなたが理想としている体になります。

こういった理由で、ダイエット中も筋トレはするべきだと思っています。

こっさー
こっさー
実際に僕は週3くらいで自重筋トレをやっていました!

筋トレ中はプロテインを摂取することで、効率よく筋肉をつけることが可能になります。

というのも、筋肉はプロテイン(タンパク質)が原料だから。

現代の日本人で1日に十分なたんぱく質を摂取できている人はごくわずかです。

それを補い、筋肉育成の補助としてプロテインは効果抜群というわけです。

こっさー
こっさー
なお、女の子にありがちな悩みとして、、、

プロテイン飲んで、筋肉もりもりなったら嫌だな…

このように考える人もいますが、心配はいりません。

プロテインを飲んだからといって、ボディービルダーのようなムキムキには200%なりませんから。

こっさー
こっさー
彼らは10年、15年の積み上げの成果なので、1年で簡単にはムキムキにはなりません!

とはいえ、筋肉がないと魅力的なボディにはならないので、ダイエットと並行で筋トレをしましょう。

>>Amazonでプロテインを見てみる

大事なのは毎日体重測定すること

超重要なことを言い忘れていました。

それは、、、

毎日決まった時間に必ず体重測定すること

というのも、こういった理由があるからです。

  • 何を食べてどのくらい体重が変化したか確認するため
  • 決まった時間じゃないと、毎回体重がブレブレ

こっさー
こっさー
特に2つ目の理由が大きいです

僕は「SmartDiet」というアプリで毎日自分の体重を管理していました。

SmartDiet ダイエットの体重記録で痩せるダイエット
SmartDiet ダイエットの体重記録で痩せるダイエット
開発元:Komorebi Inc.
無料
posted withアプリーチ

体重計はアマゾンにいろいろあったので、是非ご覧ください。

>>Amazonで体重計を見てみる

大学生のダイエットでよくある質問に答えていくよ!

ここからは大学生がダイエットするうえで、よく話題になりがちで疑問に思うようなことを述べていきます。

断食は痩せる?食事を抜くと痩せる?

  • 断食
  • 食事を抜く

この2つをやると確かに1週間で2キロや3キロも体重を減らすことができます。

しかし、短期間で減らしても、その後すぐに大量の食事を必要としてくるので、短期間で元の状態にリバンドしてしまいます。

こっさー
こっさー
例えるなら童謡「うさぎと亀」みたいな感じです。

急いで体重減らしても、すぐに限界がきてストップしてしまいます。

こっさー
こっさー
確かに効果はすぐに見えますが、長期的に見ると逆効果なので、おすすめできません!

断食や食事を抜くことに関してYouTubeで調べても、おすすめされたものではありません。

こっさー
こっさー
2か月~3か月、あるいは半年単位でゆっくりダイエットしましょう!

ダイエットで有酸素運動はやるべき?

有酸素運動=ランニングやウォーキングなどはやるべきか?

結論としてはどっちでもいいと思います。

やればもちろん体重は減りますが、僕はこれといってランニングなどはやっていませんでした。

こっさー
こっさー
そんなことよりも食事にきをつけたほうが効率的です!

ちなみに、僕がランニングやらない理由は下記の通り。

30分かけて5キロ走っても400キロカロリーしか消費されないから。

身も心も疲れるのに、せいぜい400キロカロリーだけは正直コスパが悪い。

だったら食事改善したほうが簡単ですよ!

大学生はダイエットすれば圧倒的に見た目良くなる!

大学生は食いたいものばかり食っているので、すぐぶくぶく太ります。

そしてダイエットなんかしてない大学生が圧倒的。

そこで、ダイエットして見た目を変えたら、それだけで大きなアドバンテージになります。

つまり、モテモテになります。

それだけではありません。

ダイエットを始めると、食事にも少しは気を使うようになり健康面でもポジティブな効果があります。

わざわざライ〇ップなんかに頼らなくても、お金をかけずに自力でダイエットはできます。

今日から行動開始できた人はおそらく、3か月後素敵な生活が待っているでしょう。

別にダイエットなんかやらなくても人生はどうにでもなるので、本当に頑張れる人だけ頑張りましょう。