Life

【ガッカリした】LYPERTEK LEVIのイヤホンの感想を本音でレビュー

先日LYPERTEK LEVIというイヤホンを購入しました。

※読み方は「ライパーテック レヴィ」

今までは首掛けのイヤホンを使用していて、完全分離型のワイヤレスイヤホンを使うのは初めてでしたので、かなりワクワクしていました

今回はLYPERTEK LEVIのレビューを、公式サイトからは語ることができない際どいポイントからも述べていきます。

本記事をご覧になることで、LYPERTEK LEVIのリアルユーザーのリアルな意見が分かるので、購入を検討している方は是非ご覧下さい。

レビューの前に|LYPERTEK LEVIを購入した理由

まずは、僕がLYPERTEK LEVI(ライパーテック レヴィ)を選んだ理由を軽く紹介しておきます。

今までは、首掛けイヤホンを使用していました。

EVIOBluetooth 5.0 IPX7

EVIOのイヤホンです。2年以上使用したと思います。

2年前は首掛けイヤホンが割と流行で最新でしたが、現在は完全分離型のイヤホンが主流になってきて、時代遅れ感を覚えました

要するに「ちょっと、ださいな」と。

2年間も同じイヤホンを使用したので、そろそろ変え時だと思い、新しいイヤホンを探していました。

LYPERTEK LEVI購入のきっかけは友人から

友人からLYPERTEK LEVI(ライパーテック レヴィ)というイヤホンがおすすめだと聞きました。

その友人が使用していたのは、僕が購入することになるLYPERTEK LEVIの一個前の型のイヤホン「LYPERTEK TEVI」。

僕のがレヴィで、友人のがテヴィですね。

友人のを使ってみて音質とか十分だったので、もともとテヴィを買おうと思っていたのですが、なんと最新バージョン(レヴィ)が発売されたということで、秒速でそちらを購入しました

LYPERTEK LEVI 購入LINE

脳死で買いました。

こうして、次の日に僕の手元にLYPERTEK LEVIが届きました。

ちなみに、翌日に届いた理由は、僕がアマゾンプライム会員だったからです(超爆速で神)

>>Amazon Primeに興味にある方はこちらから詳細見れます

LYPERTEK LEVIとLYPERTEK TEVIの違い

そもそも「LEVI」と「TEVI」にはどんな違いがあるのか、一覧にしたのでご覧下さい。

LEVI
(僕の)
TEVI
(友人の)
値段 7,145円 7,427円
最大再生時間 48時間 70時間
重さ 50g 100g
外部音取り込み ×

違いはご覧の通りです。逆に言えば、これ以外の「防水」などの機能は同じということです。

最新型のLEVIが劣っているのは最大連続再生時間ですね。

とは言っても、個人的に48時間も70時間もどっちでもいいって感じなので、「うわ、48時間だけじゃん!少な!」とはなりません。

まじで、どうでもいいです。

そう考えると、相対的に最新型のLYPERTEK LEVIのほうが優秀であると僕は考えます。どうでしょうか?

【レビュー】LYPERTEK LEVIを使った感想

人生初の完全分離型のワイヤレスイヤホンにワクワクしながら、電車に乗りました。

音質についての詳細は後ほど解説しますが、ここで僕はある違和感を覚えます。

なんか、音切れするな

しかし、電車に乗っているし、まあそんなもんかとあまり気にすることはありませんでした。

使い始めて初日だったということもあり、多分おれのスマホ(iPhone8)とマッチしてないのか?など思っていました(笑)

ところが、やっぱり様子が変なんです。

  • 2分に1回は音切れする。
  • それもなぜか左耳だけ。

2分に1回は音切れするんです。

「♪~♪♪ プツっ(あれ?左耳だけ聴こえん) ♪~♪♪」

しばらくして

「♪~♪♪ プツっ(あれ?しばらく聴こえんな) ♪~♪♪(あ、戻った)」

こんなことを電車に乗っている間50分くらいずっと繰り返していました。

普通にストレス溜まります。

LYPERTEK LEVIの感想:ガッカリした

左耳の音切れだけが尋常ではない回数発生するんです。多分2分に1回とか。

以前2年間使っていたイヤホンでもここまで音切れが激しいことは無かったので、正直僕はガッカリしました。

7,000円もしたのに、結果がこれか…」

快適に音楽が聴けるなんて、夢のまた夢のような感じでした(音質は良いんですけどね)

音切ればかりが気になって、全く集中できませんでした。

補足:電車以外は問題ない【LYPERTEK LEVI感想】

電車に乗っている時は音切れするのですが、それ以外はもちろん問題なく聴こえます。

  • 歩いている時。
  • デスクに座って聴いている時。

なぜか電車に乗ってる時だけ音切れするんですよね。

でも、電車といえばイヤホンで音楽を聴くことが生きがいなので、かなりショックでした。

普通に考えておかしい

普通に考えておかしいんですよね。

何がと言うと、LYPERTEK LEVIの運営会社である「ナイコム」が意図的にこんな不良品を生産するはずがないということ。

こちらは一個前の型であえる「LYPERTEK TEVI(テヴィ)」のAmazonのレビューですが、正直相当評価は高いです。

LYPERTEK TEVI アマゾンのレビュー

1,622件も評価あって、それで☆4.2/5.0なので、抜群に良い商品です。

ここまで評判の良い製品を作り出す「ナイコム」が自社の評判を落とすような不良品を意図的に作るでしょか?

いや、作るはずがないですよね。

LYPERTEK LEVI使用後:カスタマーサポートに連絡した

これは僕が購入したイヤホンに問題があると考え、LYPERTEK LEVI使用開始50分後にカスタマーサポートに連絡しました。

LYPERTEK LEVIのカスタマーサポートに連絡

問い合わせ内容がこちら。

イヤホンの左耳側で音切れしてしまいます。具体的には電車に乗っている時、2分に1回かそれ以上の頻度で左耳側の音が途切れたり、聞こえなくなってしまいます。右耳は全く問題ありません。楽しみにしていたので、正直がっかりしてしまいました。

返信内容がこちら(素早い対応ありがとうございます)

内容は要するにこうです。

リセットしても直らなかったら、弊社まで送ってね。

個人的に送るのがちょっと面倒だったので、Amazonで見たところ自宅まで替えの商品を届けてくれるとのことで、Amazonで返品対応をしてもらおうと思いました。

しかし、リセットして次の日改めて使ってみたら割と普通に聞こえたので、返品はいったん保留としました。

【本題】LYPERTEK LEVIを使った感想・レビュー

LYPERTEK LEVI 内容物

ちゃんと使えるようになったので、本題に入っていきますね。

音切れしていただけで、音質は最高だし、その他の機能も十分でした。

LYPERTEK LEVIレビュー1:自動接続に驚いた

これは、LYPERTEK LEVIに限った話ではないですが、完全分離型のワイヤレスイヤホンは電源ボタンとかないんですね。

入れ物の蓋を開けたら自動で勝手に自分のイヤホンに接続されるので、非常に便利で楽です。

知っている人からするとそうでもないですが、電源オンオフの手間が省けるのは結構感動しました。

LYPERTEK LEVIレビュー2:音質に感動

気になる音質ですが、全くもって文句なしです。

一番重要な要素ですが最高でした。

重低音はもちろんのこと、かなり質の高い音楽を手軽に楽しめますね。

映画館並み、ライブ並みかというと、それはちょっとウソになりますが、十分快適な音楽を聴くことができます。

音の迫力が伝わってくるんですよね。

僕はこれまで3,000円のイヤホンを使用していたのですが、LYPERTEK LEVIを使ってみて「あ、3,000円のしょぼいわ」と感じてしまいました。

僕はこれまで定期的にワンランクずつ上のイヤホンを使うようにしていますが、今回も同様でした。

■高校生
100円イヤホンから1,000円イヤホンに乗り換えた。
➡「100円イヤホンしょぼいわ。1,000円すげー」

■大学1年生
1,000円イヤホンから3,000円イヤホンに乗り換えた。
➡「1,000円しょぼいわ。3,000円すげー」

■大学3年生
3,000円イヤホンから7,000円イヤホンに乗り換えた。
➡「3,000円しょぼいわ。7,000円マジですげー」

こんな感じです。年をとるごとに僕も自分が使うイヤホンをグレードアップさせていきましたが、正直今使っているLYPERTEK LEVIの音質が最高です。

3,000円では聴こえなかった重低音や楽器の音が聴こえて最初はかなり衝撃的でした。

毎日聞いていた曲がより洗練されて聴こえるので、「あ、こんな音や楽器の音が入っていたんだ」と感心するほど。

LYPERTEK LEVIレビュー3:外部音取り込みが衝撃

一個前の「LYPERTEK TEVI」と唯一と異なる点を上げるとするならば、それは外部音取り込み。

イヤホンで音楽を聴きながら誰かとコミュニケーションをとりたい場面って結構ありますよね。

例えば、ご覧のような状況。

  • コンビニやカフェで店員に注文を頼むとき。
  • 音楽聴きながら作業したいが、自分の名前が呼ばれる可能性があるとき(特に仕事中)
  • 交通量が多い街中を歩いているとき。

個人的には「交通量が多い街中を歩いているとき」に危険を察知できるのが便利だったりします。

イヤホンを付けて街中を歩いていると、耳が完全にシャットダウンされているので、五感の1つが使えない状況。

そのせいで、後ろから来ていた自転車と衝突するという結構怖い体験もしたこともあります(普通に怖いんで二度と御免です)

外部音取り込みがあれば、耳が完全にシャットダウンされないので、比較的安心です。

さらに、オフィスで仕事をするとき、外部音取り込みがあれば「○○さん(あなたの名前)ちょっといいですか?」などと言われても、すぐに対応することができます。

完全に耳が塞がれていると、誰かが自分の名前を呼んだことに気付かず、相手からすれば無視されたと勘違いされかねないからです。

いずれにしても外部音取り込みは、周囲の状況把握コミュニケーションの面で大いに役に立つので、めちゃめちゃ便利です。

LYPERTEK LEVIのレビュー4:その他スペックも優秀

LYPERTEK LEVIは音質も外部音取り込みも優秀ですが、それ以外も素晴らしい。

  • 防水
  • 驚きの軽さ(50g)
  • ロングバッテリー(最大48時間)
  • 15分充電で2時間使える

防水とか軽さはどのイヤホンも総じてそうなので、本記事では特筆して述べることはしません。

「充電が面倒」を解決

特筆すべきは、ロングバッテリーな点。充電ケースを使用することで、最大48時間も使えることができます。

ワイヤレスイヤホンの面倒な点といえば、充電をしなければいけないことです。

もちろん、LYPERTEK LEVIもケースに入れるという意味では充電の必要があるのですが、わざわざ充電コードに繋ぐ必要がありません。

ケースに入れれば、それで充電ができてしまうので、ワイヤレスイヤホンで充電が面倒だと思っている人におすすめできます。

補足:一般的な家の中なら家中OK

例えば、スマホは1階リビングのテーブルに置いて、イヤホンを付けたまま家中を移動するという人も多いのではないでしょうか?

僕の家(一般的な一軒家)で試したところ、スマホを家の特定の場所に置いて、自分は家中を移動するのですが、その場合でも基本的にどこでも聞こえました

イヤホンによっては1階と2階を挟んだだけで聴こえないなんてことがありますが、これは十分すぎるくらいには明瞭に音声が聴こえます。

最近自宅で過ごすことが多い人でも、家の中で快適さを維持しつつ安心して使うことができます。


【レビュー】LYPERTEK LEVIの感想:デメリットあり

ここまでLYPERTEK LEVIを褒めていますが、もちろんデメリットもあります。

僕が感じたデメリットはこれです。

LYPERTEK LEVIのデメリット:耳が疲れるかも

これは僕だけなのかもしれないですが、正直最初はイヤホンの形状が耳に合いませんでした。

なので、1時間くらいつけているだけで耳が疲れましたね。

十中八九これまで使ってきたイヤホンと形式や形状が違うからなのかなと思っています。

首掛けイヤホン
➡耳に突っ込むだけ。

LYPERTEK LEVI
➡耳にねじ込む感じ(これが疲れる)

今回のLYPERTEK LEVIは耳にねじ込む感じの仕様です。

これがちょっと個人的に疲れるなといった印象です。

とはいえ、耳のプニプニの部分は、替えがめちゃめちゃあったので、いろいろ試していくうちに自分の耳に合うサイズを見つけることができました。

今は、普通に慣れて全く問題なしです。

2時間でも6時間でも使っていられます(それ以上はさすがに疲れますね)
今は耳が欲してますね(笑)ちょーだいって

それ以外には特にこれといったデメリットはありませんでした。

これから初めて完全分離型のイヤホンを使う人は、もしかしたらイヤホンの形状が耳に合わないかもしれないです。その場合、ちょっと3~4日我慢してつけてみて下さい。慣れますので。

もし使ってみてもし合わなければ、Amazonに返品も検討してみるといいでしょう。

すぐに対応してくれるので。

LYPERTEK LEVIを使った感想|こんな人におすすめ

LYPERTEK LEVIはこんな人におすすめです。

✔良い音質を良い値段で聞きたい人。
✔外部音取り込みで生活の質を上げたい人。
✔機能が充実していて、「とりあえずこれ!」ってイヤホンを使いたい人。
✔7,000円くらいのイヤホンを探している人。

当初はイヤホンの欠陥にがっかりしましたが、改めて使ってみると、かなり優秀なイヤホンだと分かりました。

そしてLYPERTEK LEVIならあなたの生活の質を良い方向へ導いてくれるはずです。

僕は今LYPERTEK LEVIのおかげで電車の中も、作業中も、移動中も集中できてかなり快適になりました。

僕はこういった生活の質をちょっぴり豊かにするアイテムには投資をすべきだと思っています。

たかがイヤホンですが、されどイヤホンなのはなんとなく分かるはずです。

ということで、僕の結論はこうです。

「素晴らしい」では表現しきれない。

※Amazonなら僕みたいな不良品でも、土日関係なくすぐ対応してくれます。