Life

これから自宅筋トレをする初心者への注意点3つとは【早く成果を出す】

これから自宅で筋トレをやろうと思っているけど注意点とかあるのかな。失敗したくないしなるべく早く成果を出したいから注意点を先に知っておきたい

こういった疑問に答えています。

この記事を書いている僕は筋トレ歴で言うと3か月。その3か月という短い期間から筋トレをするうえで「これは重要だな」とか「これは初心者が陥りやすいポイントだな」という箇所を自分なりに学ぶことができました。

本記事ではそんな僕がこれから筋トレを始めようと思っている人向けに自宅筋トレで注意するべきポイントを3つ紹介します。

最後まで読むことで初心者が陥りやすい注意点がわかりますし対応策がわかると同時に早く成果が出すことができます。

 

自宅筋トレの注意点

自宅筋トレで気を付けておくべき注意点は下記の3つです。

1:負荷をかけないとだめ。

2:継続ができない。

3:無理に毎日やろうとしない。

負荷をかけないとだめ。

初心者の多くが自宅筋トレで陥りやすいポイントです。

最初の何回かは気合も入っているし、モチベーションも高いため、自然と負荷をかける姿勢でできているのですが問題は慣れてきたころ。

だんだんと面倒くさくなってくるので無意識のうちにラクな姿勢へとフォームが変化しやすいです。

事実僕も最初の一か月程は割と負荷をかけて自宅筋トレをすることができましたが、2か月目に入ってから次第にラクな姿勢に変わっていってしまい、あまり効果を得ることができませんでした。

なので毎回筋トレをするときにしっかりと負荷がかかっているのかを注意するべきです。

 

継続ができない。

マジで継続が厳しいです。

継続ができない理由は下記の通りです。

・単純に飽きてくるから。

・普通に疲れるから。

・自宅という誰の目もない場所だから。

・できない日が続くと今日はやらなくていっかとなるから。

・以上よりモチベーションが持たないから。

人によって理由はさまざまですが僕が実際の経験から感じたことは上記の通りです。

そして最大の難関はモチベーションの維持ですがそれについての対策としてはこちらの記事のまとめておりますので是非ご覧ください。

 

無理に毎日やろうとしない。

そして今書いたモチベーションの維持とも深く関わってくるのですが、筋トレは毎日やる必要はないです。

毎日やろうとすると下記の事態になるからです。

毎日継続すると決めたけど今日は時間がないや。とりあえずやるけど手短にやっちゃお。

こういった思考になってしまうと最初に書いた、慣れによる負荷の軽減につながってしまいます。

筋トレに限らずモチベーションを維持するうえで大切なのは自分に合った量を自分に合った分だけこなすことです。

つまり毎日やる必要はないし事実僕も毎日筋トレをしているわけではなく週に2~3回です。

具体的には下記の通り。

・1回30分~40分のメニューを週に2~3回。

・飽きないようにするために1日おきにやる。

上記は僕のメニューでして割とモチベーションを維持できています。おすすめですよ。

 

ここまでまとめると…

改めてまとめるとこのようになります。

【⚠初心者の自宅筋トレ注意点⚠】

1:負荷をかけないとだめ。

2:継続ができない。

3:無理に毎日やろうとしない。

これを毎回忘れずに心に刻みながらやることでそうではない人よりも早く成果を出せますよ。

なぜならそういった人は僕のような失敗談を知らずにこれから僕がそうであったように3か月くらい意味のない筋トレをして初めて自分のしていた筋トレが無意味だということに気が付くのですから。