Life

イライラした時の対処法とその理由3つ。賢く生きるため【言葉は刃物】

イライラした時どうしよう。あまりその人を傷つけたくないしな

こんにちは、こっさーです。

僕は人に比べてそんなにイライラすることは無い(マジでめったにない。1年で片手で数えられるくらい)ですが、それでも怒りに満ちることはあります。

この記事ではそういったイライラしてしょうがない場面での対処法について見ていきたいと思います。

 

イライラしたらその人を無視しよう

イライラした時の対処法としてはその人を無視するのが一番いいです。

理由としては下記をご覧ください。

・余計イライラしてくる。

・怒鳴るのは大人らしくない。

・言葉は刃物だから。

以下、詳しく見ていきます。

 

余計イライラしてくる

イライラした時の対処法として無視することは分かったけどなんで怒るのではなく無視するのか?

こういう疑問を持つと思いますのでこのパートではそれについて詳しく見ていきたいと思います。

 

結論から言うと怒鳴るとこちらがもっとイライラしてしまいからです。

怒鳴るということは言葉を発するということなのですが、この言葉を発するという行為が意外とイライラのエンジンを加速させてしまうからです。

まあ、例えばシチュエーションはどうであれ大声で二人の男性が怒鳴りあっている光景はそれほど想像に難くないと思います。

そして彼らはどちらも自分たちの状況を客観視することができずに、本能のままにただ大声で怒鳴り散らし続けます。

 

このようにイライラした時怒鳴るという行為をすると理性が吹っ飛んで余計にイライラしていますというのが1つ目の結論です。

 

大人らしくない

「大人らしい」がどういう基準で「大人らしい」なのかを定義付けることは難しいですが、まあ皆さんが想像するところのものです。

そして大声で怒鳴っている大人ってちょっとダサいと思いませんか。やっぱり大人ならいつも冷静沈着で論理的かつ客観視にその状況を判断できる人がかっこいいと思います。

それにそんな風にいつも怒る人がいるようなコミュニティにいたいかと聞かれると「はい」とは言えませんよね。

こちらのモチベーションまで下がってしまいます。

 

言葉は刃物

僕の大好きな名探偵コナンからの名言です。

 

言葉は刃物です。僕たちは言葉のおかげでいろいろな人といろいろな会話ができます。それは全て言葉のおかげです。

しかし、文明が作り出しためちゃめちゃ便利な「自動車」がその使い方を間違えると、人を傷つけたり亡くしてしまうことがあるように、言葉も便利な側面がありますが、簡単に人を傷つけてしまう凶器でもあるのです。

そしてそれが友人関係の場合、たった一度発した言葉のせいで、もうその後の人生で一生会わない関係になることさえあります。

怒りに任せて言葉を発するのはその人の自由ですが、その後のことまで考えて対処しなければいけませんね。言葉は刃物ですから。

なので叱るよりも黙って無視したほうが僕は賢い選択だと思います。

 

ぶつからなきゃ伝わらないこともある

SAOというアニメからの名言です。

 

そうは言っても相手とぶつからないと伝わらないこともあります。

しかしこれが当てはまるのは例えば下記のような内容だと思っています。

・家庭のこと。

・進路のこと。

・将来のこと。

こういった内容こそは相手と面と向かって話す必要があると思っています。

 

しかしそれでも『怒り』は別。

確かに面と向かって話すことが必要な場面はありますが「怒り」は別です。

改めて繰り返しますが下記の通りです。

・余計イライラしてくる。

・怒鳴るのは大人らしくない。

・言葉は刃物だから。

こういった理由のためにイライラした時は相手を無視するほうが、怒りで人生を消耗せずに賢く生きれるというわけです。