大学生

学生の間にたくさんのことを経験するべき理由【武器(刃)を持とう】

学生
学生
よく学生は様々なことを経験しておいたほうがいいみたいなことを言われるけど、どうなんだろう。何をするべきかではなくなんでいろいろなことを経験するべきなのかを知りたい。

こういった疑問に答えていきます。

結論から申しますと1つ目の刃(ヤイバ)以外の武器を持つためです。

多分これだけ言われてもいまいちピンとこないと思うので記事で詳しく見ていきたいと思います。

ちなみにこの記事の内容で一貫している「刃」については「暗殺教室」というアニメから学びました。中学生の時に見たものを大学生になって自分なりに応用しています。

学生こそいろいろ経験して刃を増やそう

学生に間にいろいろなことを経験しておくべき理由は将来の武器(刃)を増やすためです。

 

学生の本業は勉強だが…

学生の本業は勉強することです。そして僕は勉強をするべきだと思っています。

しかしそうは言っても僕自身、受験生時代と大学生になった今とではその意識に天と地ほどの差があります。

ですが勉強はするべきだと思っていまして最低限というか平均かそれ以上には勉強しているつもりです。

こちらの記事は僕が勉強するべき理由をまとめたものですが割と本質をついていると思っています。

 

「勉強するべき」とは言っていますが特に高校生、「勉強して当たり前」なところもあるかなとも思っています。少々煽りすぎでしょうか。。。

そしてこの「煽」が読めない人はやばいかもです、勉強しましょう(笑)かなり煽りすぎでしょうか(笑)

 

さてここからが本題です。

なぜいろいろなことを経験するべきなのか?

なぜいろんなことを経験するべきなのか?

それは冒頭のネタバレでも書いてあるのですが刃を増やすためです。

以下で詳しく解説していきます。

 

この記事を読者のほとんどは学生です。

そして学生を大きく分類すると下記の通りになります。

・勉強している人。

・一応人並みに勉強している人。

・勉強していない人。

ここから先は「勉強していない人」にはあまり関係のない話なので該当する方はそっとページを閉じてください。

学生の皆さんはとりま勉強をしていると思いますが、将来学生を卒業しますね。

そうなると、今まであてにしていた「勉強」はどうなるかといえばあまりあてにならない「もの」になるのではないでしょうか。

つまり学生という身分をはく奪された人々にとって確かに大事で役に立つはずのものであった「勉強」が微妙な立ち位置になってしまうのです。

もちろん上記の意見は僕の意見なので賛否はありますし反論もあると思います。

しかし割とガチだと思っているので話を続けます。

例えば大学で学んでいる内容なんて専門的過ぎてぶっちゃけ世の中で働くといった場合役に立つか立たないかといわれると「役に立たない」です。

 

さて、学生という身分から「勉強」がなくなったらそれ以外で戦わなくてはいけません。そしてそれがあるのとないのとでは多分人生の難易度が変わると思っています。

そのため学生は勉強という第1の武器(刃)のほかに第2の刃を持つべきだと思っていてその武器を自分のものにするためにいろいろなことを経験しようというわけです。

 

具体例紹介

記事の信頼性担保として僕の具体例を紹介します。いうだけ言っておいて僕が何をやっているのか紹介しないのは完全に逃げですからね。

・1つ目の刃→勉強。

・2つ目の刃→サークルの支部長としての経験。

・3つ目の刃→筋トレ。

・4つ目の刃→このブログで情報発信。

上記の通り、僕は1つにとどまらず貪欲に4つの刃を将来的に持てるように日々努力しています。そしてこの刃は勉強が役に立たなくなる将来に他人と区別できる「スキル」だと思っています。

そして目標は人生のイージーゲーム化です。

勉強は一応人並みにやっています。

2つ目の刃:サークルの支部長

サークルの支部長はメンバーをまとめたりしますが、まあ一番の戦いは面倒くささとのやりくりですね。

この記事を書く直前にもサークルの仕事をしていましたが控えめに言って面倒でした。「面倒くせー、面倒くせー」と声に出して言うほどです。

しかし将来的に見たときこの人をまとめる力や面倒な仕事を効率的に終われせる能力は必須だと思って、将来への投資だと思ってがんばっています。

支部長としての経験が将来役に立つ2つ目の刃です。

3つ目の刃→筋トレ。

筋トレはただの健康維持のためです。ジムに通ってがちがちにやっているわけではありません。

週に2~3回、30分だけです。「だけ」とは言いましたが意外とこれを継続的にやっている学生はそう多くはないのでそれだけで他との差ができますね。

これが3つ目の刃です。

 

4つ目の刃→このブログで情報発信。

僕がサークル運営と筋トレ以上に力を入れているのがこのブログ運営です。

ブログを書くことのメリットを上げればきりがないですが学生がブログを書くメリットは下記の通りです。

・読者にわかりやすいように論理的に物事を説明する力が身に付く。

・バイト以外に自分の力でお金を稼ぐ力を手に入れる。(起業とほんの少し似ているかも)

・ウェブマーケティングスキルが身に付く。

・日々のあらゆる情報に敏感になる(それがそのまま記事ネタになる)

上記の通りでしてブログをやっているだけで僕は強力な刃を身に付けたと思っています。

100人の中で1位になる(1/100)を3つかけ合わせれば100万分の1といいますが、僕はブログで情報発信しているだけで軽く1000分の1にはなっていると思っています。

999人にはこの刃で勝てるというわけです。そしてサークルの支部長としての経験と筋トレを掛け合わせて将来的には圧倒的な力をつける予定です。そして目標は人生の難易度を下げることです。

役に立つ勉強もあるよ

ここまでの話の前提として学生を卒業して学生という身分がなくなると「勉強」が効果を発揮しずらいという内容でした。

しかし世の中には当たり前ですが学校での勉強がそのまま第2、第3の刃になるものもあります。

・英語

・簿記

身近なところではこの2つかなと思います。

 

まとめ

というわけでここまでまとめると下記の通りです。

・もしかしたら将来「勉強」が効力を発揮しないかも。

→勉強以外のスキルを身に付けよう。

→じゃあ、たくさん経験が必要じゃね?

というわけで時間がある学生にうちにいろいろな経験をしましょう。

記事は以上です。