Life

ブログのネタ切れなんかありえない。ネタ切れを防ぐ方法を伝授します。

最近ブログの書くネタが思いつかない。先輩ブロガーはどうやってブログネタが切れないようにしているにか気になる

こういった意見に答えていきます。

本記事の内容はこちら。

・ブログネタが切れる理由は2つあります。

・おすすめのブログネタの作り方を2つを紹介します。

この記事を書いている僕は現在ブログを始めて1年以上経過した大学生ブロガーです。これまでに100記事以上、400時間以上ブログ書いている僕が、どのようにしてブログのネタ切れを防いでいるのかを紹介していきます。

ブログのネタ切れを防ぐ方法

ブログのネタ切れを防ぐ方法は2つあります。僕が日ごろから意識していることですので、是非参考にしてくださいませ。

・起きている間ずっとブログネタのことを考える。

・自分の書きたいことを書くのではなくて、読者の知りたいことを書く。

皆さんが意識するべきことは上記の2つです。

方法1:起きている間ずっとブログネタのことを考える

僕から質問です。

『ブログネタがないと言っているけど、じゃあ一日中朝起きてから寝るまでの間、死に物狂いでマジでブログネタを考えていますか???』

もちろんプロブロガーの人も全員が一日中ブログネタのことを考えているわけではないのですが、しかし僕らブログ初心者は圧倒的な熱量と努力で、彼らのあとを追っていかなくてはいけません。

なので、朝起きてから、寝るまでの間ずっとブログネタのことを考える、そのくらいの勢いでブログネタ探しましょう。

具体的に僕がやっているのは下記の通り。

・朝起きて朝食を食べながらブログネタを考える。

・歯磨きしながらブログネタを考える。

・トイレでブログネタを考える。

・電車のなかでブログネタを考える。

・大学の講義でブログネタにできるものがないか考える。

・お風呂に入りながらブログネタを考える。

・その他空いている時間スマホなどでブログネタを探す。

上記に書いているものは全て、僕が毎日行っていることです。

現在このブログには70記事以上を投下していますが、おかげさまであと30記事分以上のブログネタは余裕で確保してあります。画像は僕のスマホにメモしてるブログネタ。

ブログネタ切れ ブログネタ切れ

 

僕は合計100記事以上書いていますが、それでもまだまだブログ初心者だと思っていまして、なるべく良い記事を書けるように圧倒的な努力をしています。

先日僕の知り合いに、夏休みにブログを50日毎日更新していたとのことを言うと非常に驚いていました。まさかそんなに驚くとは思わなかったのですが、どうやら、ブログネタをどこから探しているのかとのことでした。

その人にも毎日起きてから寝るまで死ぬ気でブログネタを考えているということを伝えました。

方法2:自分の書きたいことではなくて、読者の知りたいことを書く

これは後で紹介するブログネタの作る方法と関連するのですが、総じてブログネタがないといっている人は自分の書きたい内容を書いていることが多い印象。

自分が書きたいことを書くのではなく、まずは読者目線で、どんな読者がどんな情報を欲しがっているのかということに視点を移しましょう(これについては後ほど具体的に見ていきます)

もちろん自分の書きたいことを書いても、かまいませんが、改めてその内容は読者が欲しいい記事なのかを確認するべきです。

ブログ毎日更新900日、記事数1200ほど、月間収益600万円以上をブログから稼いでいるマナブさんもこのように言っているので、やはり読者目線で書くことが必要なのです。

ブログネタを探すおすすめの方法【実践済】

それじゃあ、一体どうやってブログネタを確保すればいいのか。こういった疑問に答えていきます。

実際に僕が現在進行形でやっているものですので是非試してみてください。

・自分の特徴を100個書き出してそこから構想を練る。

related kewwordsを使う。

自分の特徴を100個書き出してそこから構想を練る

ブログのネタを探すおすすめの方法の1つとしてまずは自分の特徴を100個書き出して、そこから構想を練りましょう。

自分の特徴=自分に関係ある内容、なので比較的書きやすいはずですよ。

例えば僕の特徴を一部簡単に紹介すると下記の通り。

・大学生

・Bluetoothイヤホン使用者

・アニメ好き

・サークルの部長

・スマホのマリオカートやっている

こういった特徴から書いた記事がこちらです。

上記の通りです。

いろいろな特徴が出てきますし、そこからいろいろな構想が練られるのでおすすめですよ。

rekated keywordsを使う

これは先程紹介した、自分の書きたいことを書くのではなくて、読者が知りたい情報を書くことと関連しています。

そして現在進行形でrelated keywords使用しています。

説明なんかよりも実際に画像を見たほうが早いと思います。

ブログネタ切れ

↑左上の検索部分に例えば『大学生』と入力。

ブログネタ切れ

↑そうすると一覧でずらっと出てくる。

ブログネタ切れ

↑エクセルにコピペしたのですが画像の通り、『大学生』に関するキーワードは全部で821件あるみたいですね。

これに沿って読者の悩みを解決するような記事を書くばよくて、僕もそうしています。

画像の”818番(大学生 9月 旅行 国内)”具体的に見ていきましょう。

ここから記事を作るとしたら、記事タイトルは『大学生必見。9月の国内旅行におすすめの観光スポット3選』とか『9月の国内旅行を安く済ます7つの方法。学生限定』

こんな感じで作っていきます。

rekated keywordsはブロガー界隈では有名なツールなのでまだ使ったことのない人は是非使用しましょう。もちろん無料で使えます。

ここまでまとめると…

改めてここまでまとめると、まず第一にブログのネタが切れ気味という人は毎日朝から寝るまでネタを考える癖をつけましょう。そして、第2に自分の書きたいことばかり書くのではなく、読者のためになることを書くこと。

その際、rekated keywordsを使うと効果的です。また自分の特徴を100個書き出してそこから記事の構想を練るのも効果的です。

 

というわけで、今回は以上です。