Life

秒速5センチメートルを無料で見る方法とあらすじや見どころ感想。

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

秒速5センチメートルを無料で見る方法を知りたい

こういった疑問に答えていきます。

記事前半で「秒速5センチメートル」を無料で見る方法を紹介し、記事の後半で物語のあらすじや見どころといったおすすめのポイントを紹介しています。

本記事を読むことで「秒速5センチメートル」を無料で見る方法がわかります。

 

「秒速5センチメートル」を無料で見る方法

秒速5センチメートルを見る方法はいろいろあります。例えばTSUTAYAでレンタルする。例えばアマゾンでDVDを購入する、など。

しかしせっかくなら無料で見たい、というのが正直なところです。

ここでおすすめするのは「U-NEXT 」です。

U-NEXT 」がおすすめな理由としては下記をご覧ください。

1:ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料で体験できる。

2:600 円分の U-NEXT ポイントがプレゼントされる 。

3:上記特典を利用することで、見放題作品 130,000 本を 31 日間無料で視聴が可能。

こういった理由のために「U-NEXT 」をおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。

>>アニメ・映画・ドラマ好きの学生ならU-NEXTでOK。豊富すぎるラインナップ。

U-NEXTを無料体験する

こっさー
こっさー
解約したいとなっても、いつでも簡単にできるし、もちろん料金もかかりませんよ

秒速5センチメートル【ネタバレあり】

監督    新海誠
脚本    新海誠
製作総指揮 新海誠

秒速5センチメートルは見ての通り新海誠の作品です。そして映画の時間は63分。そしてこの作品は3つの話から構成されています(桜花抄、コスモナウト、秒速5センチメートル)。というわけで1話ずつ感想を書いていこうと思います。

第一話 桜花抄

貴樹と明里の出会いは、東京の小学校。転校生同士で似たような境遇のため、すぐに仲良くなった。しかし、小学校卒業と同時に明里が栃木県に転校してしまう。 明里からの手紙をきっかけに連絡を取り合っていたふたりですが、今度は貴樹が鹿児島県に引っ越すことに。

さらに遠く離れてしまう前に、貴樹は意を決して明里に会いに栃木へ向かう。 ところが、約束の当日は大雪になり、貴樹の乗る電車は大幅に遅れてしまい……。

多分多くのひとが映画を見る前に思うことは秒速5センチメートルって何ぞや、だと思うのですが意外にも映画の冒頭ですぐにネタバレされてしまうんですよね。どうやら桜の花びらが落ちる速度らしい。

そうらしいのですが物語全体を見たときに、そんな花びらの速度なんかではないような気がしてならないのです。なにかもっと大きな意味がある違いない。

 

これは僕にもわかりませんがもしかしたら主人公貴樹とその同級生の明里の心が離れていくスピードかもしれませんね。

まあ、その判断は読者にゆだねる系のやつだと思います。

 

桜花抄を見て思ったのは冒頭貴樹と明里の二人が登場するのですが小学生にしてはどちらも声が大人らしい。

そして僕は明里のこの時の声がものすごく好き。俺好みの声です(笑)変態の発言ですね(笑)

 

そして新海誠の作品なので相変わらず作画がめちゃめちゃきれいです。言の葉の庭とは少し違った感じがしてこちらは現実世界を忠実の再現しているのに対して秒速5センチメートルは絵の具で描いたような作画です。

個人的にうれしかったのは埼玉県にある大宮駅の豆の木が出てきたこと。そして今はあまり見かけない昔の宇都宮線が出てきたことです

大宮駅の豆の木は埼玉県で唯一の観光スポット(笑)なので映画に出てきて驚きましたが同時にめちゃめちゃうれしかったです。

古いバージョンの宇都宮線は15年くらい前まではあったんですけどね。もうなくなったのでしょうか。

 

そして第一話の見どころは後半です。

貴樹は19時に明里のいる栃木の駅で会う約束をするのですが、大雪のせいで3時間以上も遅延してしまうんですね。

普通だったら待ってないよ。中学生が23時過ぎまで待つなんて考えられない

でも明里は貴樹のことをずっと待っててくれているんですよ。それから駅中で割とイチャイチャするのですが、中学生のくせにと思ってしまったことは秘密にしておきます。

いずれにしてもこんなに遠距離ラブラブカップル、普通結ばれるハッピーエンドだと思うのに…………

 

第二話 コスモナウト

舞台は、鹿児島県の種子島。高校の同級生・花苗は、中学2年で貴樹が転校してきた時から貴樹に恋をしていたが、なかなか想いを伝えることができない。 卒業後の進路も決まらず、趣味のサーフィンもスランプ。そんな時、貴樹が東京の大学へ進学することを知り、ある決意を持って波に挑戦し、とうとう成功する。スランプを克服した花苗は、貴樹への告白を決心するのですが……。

第二話は貴樹が鹿児島に転校した生活で明里はほとんど登場しません。代わりに花恵という女の子が登場します。

花恵は貴樹のことが好きなのですがなかなか告白できないんですねよ。告白しようと思ったのですが、貴樹は花恵ではない何か違うもっと大きなもの(明里)を見ていることを悟って諦めてしまうんです。

なんか見ていて悲しくなったというか胸が締め付けられるようなそんな感じがしました。

よくある片思いと言われればそうなんだけど……

 

第三話 秒速5センチメートル

社会人になった貴樹は、何かにもがきながら東京の街で仕事に追われる日々を過ごしていた。3年間交際している恋人にも心が向かず、彼女からもそのことを指摘されてしまう。 貴樹の心は完全にすり減り、懐かしい昔の夢(明里との思い出)を見る。

場面は貴樹が社会人になった場面です。

作品の描写的にこどもの時以来、貴樹と明里は直接会っていないんだと思います。

そして明里は他の男性と交際し結婚してします。一方貴樹は3年間交際した女性がいるのにも関わらず一向に心がその人に向かない。

【男女の恋愛観】

女性:恋愛を上書き保存。

男性:恋愛を名前を付けて保存。

ざっくりまとめるとこんな感じですね。

うーん、確かに思い当たる節があるな

そして男はいつまでも過去の恋愛を引きずるんですよね。相手の女性はもう何とも思っていないのに…。

まあ、最後は二人が踏切ですれ違うのはちょっぴり報われたかなと思っています。でも声をかけられずにすれ違う。

そしてアニメあるある、踏切を渡り終わって振り返ろうとするも電車が邪魔して顔を合わせることができず、電車がいなくなったと思ったら相手の女性が消えている、ってやつです。

 

でもそのあと貴樹は口元がほほえんでいたので多分前を向いて人生を生きようと誓ったのかなと思います。

悪く言えば明里のことは諦めた?のかな。

 

いずれにしてもモヤモヤ感は残りますよね。モヤモヤ感のような喪失感というか、ワンチャン人によっては鬱になるかも。

 

まあ、でもこの作品は1度じゃ全部消化しきれないので2回は見る必要があると思っています。実際僕も2回見ましたからね。

こっさー
こっさー
2回見ればだいぶ理解できると思うよ。

U-NEXTを無料体験する